Koneblo!-今日を楽しく、明日をより良く!-

今日を楽しくする雑学、明日をよく良くする哲学、その他、管理人tatsuwoが興味をもって、皆さんの人生にplusになると思った小ネタたちをご紹介していきます。

うおー!仕事辞めてー!って思った時に確認する5つのこと

仕事を辞めたい。そう思ったことはありませんか? 無い方はご自身の精神力の強さに誇りを持って良いと思います。

 

私の豆腐メンタルはいつもうおー!仕事やめてー!!って叫んでました汗

 

まあ実際に仕事を辞めるっていうのは並簡単なことではないので、仕事を変えるとか独立起業する方向になると思いますが、その際の確認事項、並べてみました。

 

 

 

 

ただ、実際に辞めたいと思ってもなかなかに難しいこともありますよね。

 

金銭的、家庭的、社会的理由... そこで、今回は仕事を辞める前に絶賛確認してほしい5つのことを紹介します。    

 

1.借金は無いか?  

 

多くの方は無いと思います。

 

しかし、止むを得ない理由、あるいは、奨学金などもこれに当たりますよね

 

はっきり言って、これの有る無しで体の軽さが違います。

 

もし、有る場合はいざという時に備えて、少しずつ減らしていきたいものです...    

 

2.貯金はあるか?    

 

まあ、これは必須条件ではないです。

 

それこそ、独立起業ではなく、転職を選ぶならなおのことですね。

 

また、辞めてもしばらくは失業手当などの給付もありますから、つなぎにはなります。

 

しかし、あるに越したことはない。

 

切羽詰まってつきたくない仕事に就いてしまったら、何のために辞めたのか分からないですもんね。

 

理想としては、つつましく暮らして半年〜1年は生活できるくらいは貯めておきたいですね。  

 

  3.家族はいるか?    

 

家族がいて、無職になるということはなかなか難しいと思いますが、転職の場合、ここが難関になる可能性があります。

 

いわゆる、男性の場合限定ですが、嫁バリアーと呼ばれるものですね。

 

おそらく、貯金〇〇〇〇万円以上貯めてからとか、年収〇倍以上とか、コナンくんも解決不能な無理難題を押し付けられるかもしれません。

 

その場合は、家族会議を開き、話し合い解決するのが一番です。

 

ただ、普段から話し合って理解して貰えるように努めましょう。(難しい場合もあるかもしれませんが...)

 

4.生きていく術はあるか?    

 

これは、辞めて独立起業する場合、あるいは転職する場合もですが、自身の希望する程度の生活水準を満たすことができるのか。生きてさえいればいいというのなら、その生きていけるだけの収入を獲得していけるのか。

 

よく、思い立ったら起業とは言いますね。私もそう思います。

 

しかし、矛盾するようですが、それなりに準備、段取りをつけて事に取り組んだ方が成功率は上がると思います。

 

行き当たりばったりもいいですが、一番怖いことは何も回らず立ち行かなくなることです。確証までは必要ないと思いますが、少なくとも1-2年の仮プランくらいは立てておいたほうがいいと思います。

 

その通りには行かず、道はそれると分かっていたとしても。  

 

  5.覚悟はあるか?  

 

  1-4を全て達成しても、ここが最も肝心なところですね。

 

辞める会社とはいえ、人に迷惑をかけるかもしれない。周囲の目が怖い。将来どうなるか分からない。でも会社もきつい。

 

しかし、辞めるのはやっぱり... 退職願いを出せなかったらそれでもいいのかなって思います。それは、本心では現職続行を望んでいるということではないでしょうか?無理して辞める必要はないですよ。

 

しかし、もし現状に満足できない。あるいはもう耐えられない。今のこの状態、この苦境を、何とかして変えたい。変えなければならない。

 

そんな強い意思がもし、あるのであれば退職願いは叩きつける勢いで提出していいと思います。

 

失うものがありますか?

 

それはこれから手に入れるものと比べて大きいものですか?

 

その答えは私も含め皆さん1人1人異なるものだと思います。  

 

仕事を辞めたいとおもったとき、ふと立ち止まって思い返して貰えればと思います。   仕事を続けるためにでは無く、再び同じことが起こらないように。

 

次は望む日々を手に入れられるように!    

 

ネタではない記事になってしまいました笑     参考にして頂ければと思います!