Koneblo!-今日を楽しく、明日をより良く!-

今日を楽しくする雑学、明日をよく良くする哲学、その他、管理人tatsuwoが興味をもって、皆さんの人生にplusになると思った小ネタたちをご紹介していきます。

永久保存版!ーラーメンの麺の固さ一覧!市販麺の茹で時間つき

tatsuwoです。

 

実はかつてラーメンの麺を製造していたマンだったことがあります。

 

知り合いのおじさんが私の下宿の近くでラーメン屋開いたので、そこで働いてました。

 

一瞬、ああ、俺もこのままラーメン屋になるんだなぁと思ったくらいです。

 

なりませんでした。

 

さて、そんな話はさておいて、今では有名ですが、博多ラーメンには数段階の

 

固さがあります。

 

これは単純に茹で時間で決まってくるんですが、これが実にシビア。

 

数秒の時間差で別の固さになっちゃいますからね。

 

今日はそんな麺の固さ、これを一覧にしてお届けします。

 

 

 

 

 

また、通常のお店に売ってるようなラーメン用の細麺での茹で時間も記載しておきます。

*ちゃんとお湯を沸騰させてから麺を突っ込んでくださいね!

柔らかい順です。

 

・バリやわ(生麺=80秒〜90秒、乾麺=茹で上がり+1分半少々)

 

めっちゃ柔らかいです。ご高齢者の方がよく好んで召し上がられます。

いわゆる「のびている」状態とは一線を画す柔らかさです。

 

・やわ(生麺=50〜60秒、乾麺=茹で上がり+40〜60秒)

 

いわゆる柔らかい麺。

心が癒される柔らかさ。

主観ですが、やわにするなら、バリやわくらいにした方が美味しいかも。

 

・普通/基本(生麺=25秒〜35秒、乾麺=茹で時間そのまま)

 

これがデファクトスタンダード(意味わかってない)

作った側が意図する、普通の固さです。

そして、この固さ以下が博多ラーメンの真髄です。

 

・かた(生麺=16秒、乾麺=茹で時間の3分の2)

 

博多ラーメン一番人気の固さ。

ちょっと硬い、でも柔らかさも感じる。

少々芯の残ったその麺の噛み心地は人を昇天させます(大げさ)

 

・バリかた(生麺=8秒、乾麺=茹で時間3分の1〜半分)

 

かたっ!

めっちゃ芯残ってる。

でもこの噛み応えがないともはやラーメンと呼べない。

そうなったらあなたはもう戻れないでしょう。

 

ハリガネ(生麺=4秒くらい、乾麺=茹で時間4分の1くらい)

 

この辺になると茹でる方の勘に頼るところが大きい。

だって一瞬だもん。

でも、これが結構美味しいんですよね。

 

・粉落とし(生麺=2秒くらい、乾麺=茹で時間5分の1くらい)

 

多分、乾麺だともう無理かも。

本当に粉落とすだけです。

自然の恵みの味がします。

まあ、でも、やっぱりうまい。

 

・湯気通し(本当に湯気だけ通すか、生麺=1秒、乾麺=10秒くらい)

 

もはや茹でていない。

湯気でちょっと蒸れてるだけ。

博多でもこれを頼む人は通と言うより、もはやラーメンオタクです。

 

・生

 

書いてその字のごとし。

これを食べられるあなたはもう別世界の扉を開いています。

二度とは戻ってこれないでしょう。

めっちゃ麺そのものの味がします。当たり前か。

 

ちなみに、バリやわとバリかた以上は博多でも無かったりしますね。

 

ていうか湯気通し、生は出す方としても怖い。

 

お腹痛くなっても自己責任ですよ!

 

ちなみに筆者はバリかたが好きです。

 

ぜひ、うまかっちゃんや市販の麺でも試してみてください!